2019年7月3日

飯田橋榎本クリニックにて、高齢者・保健分野向けのシリーズセミナーを開催いたします。

 

飯田橋 全6回シリーズセミナー

精神科症状の見方
~知識に裏付けされた、適切な対処を検討する

 

【日程・内容】(全6回シリーズ) 定員:20名
※第2回以降の回についても、出席のご連絡をいただいております(7/3現在、9名前後)。
参加をご検討中の方は、お早目にメール等にてお申込みいただけると幸いです。

第1回:令和元年7月31日(水)  13:30~15:30
「精神科総論~見立てのための基礎知識~」

第2回:8月21日(水)  13:30~15:30
「幻覚・妄想・自我障害
~対処すべき症状、精神科トリアージ~

第3回:9月18日(水)  13:30~15:30
「抑うつ・躁状態
~思考・感情・意欲行動への影響~」

第4回:10月16日(水)  13:30~15:30
「周辺症状と精神科
~各症状の仕組みを理解する~」

第5回:11月6日(水) 
「飲酒問題(仮)」

第6回:12月4日(水) 
「切迫感・焦燥感・攻撃(仮)」

 

【プログラム】
第一部:各テーマに沿った講演
担当  川島 邦朗(看護責任者) 補佐  林 開(精神保健福祉部(PSW) 係長)

第二部:質問・討論会
……ケースについての討論や、皆さまが日頃から精神科に対してお持ちの疑問質問について、
精神科医を始めとした、多職種のスタッフがご一緒に検討致します。

担当  小林 慎吾(精神保健指定医)、川島 邦朗、林 開、
天野 俊昭(地域相談窓口担当)、小林 あゆみ(PSW 副主任/復職支援担当)

 

【会場】飯田橋榎本クリニック

【担当窓口】天野・林(03-5753-3361、メールはこちらへ
※チラシのある回以降の日程についても、第一回のチラシからお申込み可能です。
(お電話やメールでもお申し込みいただけます。お気軽にご連絡下さい。)

******************************************

高齢分野(ケアマネージャー・ヘルパー・訪問看護等)や保健分野(保健師・相談支援・通所系サービス)の方々向けに、精神科症状の対応をテーマに、全6回シリーズでセミナーを行います。
第一部では、とっつきづらいと思われがちな精神症状について、その成り立ちの仕組みや対応のポイントについて講演いたします。
第二部では、精神科医を始めとして、30年以上の臨床経験を持つ看護師、依存症や復職支援等幅広いケースを持つソーシャルワーカー、地域相談窓口担当等、様々な職種で関わり、皆さまが日頃抱えている疑問について討論していきます。

講演のみ、質問・討論会のみのご参加も歓迎致します。皆様のご参加をお待ちしております。
(令和元年7月吉日)

******************************************

 

※飯田橋榎本クリニックでは、プログラムの様子・効果等を動画にて紹介しております。実際に講演会で使用した動画もございますので、ご参考までにご覧ください。

ボクシング、和太鼓グループ「華音」、認知症予防体操「銀太鼓」、フラダンス、回想法「日記」、演劇プログラム(シェアード・ストーリー、実演)など