ニュースリリース

【2018.1.25(木)】大森榎本クリニック講演会「矯正施設内処遇から社会内処遇へ、そして就労へ」

2017.10.21

<新春特別企画>

罪を犯した依存症者を支援する⑥

~矯正施設内処遇から社会内処遇へ、そして就労へ~
矯正施設、専門医療、就労支援 ――
それぞれの現場から愛を込めて

日 時:平成30年1月25日(木)13:30~16:00
会 場:大森榎本クリニック6F
定 員:100名(先着順)
参加費:無料

****************************************

【講演会&トークイベント】

矯正施設編 

田村勝弘(新潟刑務所 教育専門官)
テーマ:「堀の中から社会につなげるプログラム」
平成23年4月から刑事施設の法務教官として,受刑者の改善指導・教科指導を担当する。少年施設勤務時には指導したこともない薬物指導の担当になったため,外部の支援者,当事者と繋がることができたことを皮切りに,現在は様々な分野に手を広げている。受刑者のニーズに合った指導の実践がモットー。得意な改善指導は「条件反射制御法」。

........................................

医療機関編

斉藤章佳(大森榎本クリニック 精神保健福祉部長)
テーマ:「アディクション治療の新しい時代へ(加害者臨床編)」
 精神保健福祉士・社会福祉士。専門分野は「加害者(家族)臨床」で、12年前から「性犯罪者の地域トリートメント」に関する実践、研究、啓発活動に取り組んでいる。著書に『性依存症の治療』『性依存症のリアル』(ともに共著・金剛出版)、日本初の痴漢の専門書『男が痴漢になる理由』(イーストプレス)の他に論文多数。平成28年4月から現職。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

就労支援編

三宅晶子(株式会社ヒューマン・コメディ 代表取締役)
テーマ:「非行歴・犯罪歴のある人の就労支援(当社での取り組み)」
 1971年生まれ。新潟市出身。早稲田大学第二文学部卒業後、貿易事務、海外留学を経て2004年(株)大塚商会入社。通販MD、社内監査に携わる。2015年(株)ヒューマン・コメディ設立。日本初の出所者向け求人誌『challenge!!』を出版。出所者等の社会復帰支援をおこなう一方、企業内教育支援ならびに社会啓蒙活動として講演等をおこなう。

 

****************************************
新進気鋭の3人のシンポジストがそれぞれの立場から、またそれぞれの立場を超えて「罪を犯したアディクト」への支援と連携について新年から熱く語る150分。
ぜひ、全国から多くの関係者のご参加をお待ちしております。
****************************************

【お問い合わせ】
大森榎本クリニック
講演会担当:斉藤・久保田
TEL:03-5753-3361

pdfはこちら→大森榎本クリニック講演会H30.1.25