ニュースリリース

【池袋】行為依存症セミナー:弁護士対象

2018.03.26

榎本クリニック講演会

 

弁護士を対象とした行為依存症セミナー

 

第1回 5月17日(木)  行為依存症の病態 ① (疾患の原因、症状、予後)

第2回 6月14日(木)  行為依存症の病態 ② (当院の治療と再犯率について)

第3回 7月12日(木)  行為依存症と司法     (診断書の実例と判例について)

 

【時間】13時30分~15時 (13時15分より入室可能です)

【定員】各回50名 (キャンセルは開催日の午前10時までとさせて頂きます)

※本セミナーは弁護士資格をお持ちの方のみを対象とさせて頂いております。

(お手数ですが当日は名刺等ご身分を証明するものをご持参ください)

場所:榎本クリニック2階(東京都豊島区西池袋1-2-5)

参加費:5000円

 

【講師】

山下 悠毅

榎本クリニック院長。帝京大学医学部卒業。

精神科専門医 精神保健指定医

日本医師会認定産業医

専門は薬物依存症、性依存症、ギャンブル依存症と、うつ病の集団カウンセリング。

著書:うつの捨て方(弘文堂)

 

当院は痴漢・盗撮・露出などの性依存症、病的賭博、病的窃盗など、医学的に「行為依存症」とカテゴライズされる疾患の治療に取り組んでいる精神科専門施設です。

こうした疾患は特性から刑事事件との関連性が強いことが特徴です。しかし再犯を防止ためには、司法による刑罰だけでは限界があり医療による治療も大切となります。

このたび当院では弁護士を対象とした全3回の勉強会を開催する運びとなりました。こうした問題に関心を持たれている方のご参加をお待ちしております。

 

 

【お問合せ】榎本クリニック 北條 正順 03-3982-5182