ニュースリリース

【2018年4月26日:池袋】 クレプトマニア講演会

2018.03.26

クレプトマニア

~デイナイトケアにおける窃盗癖の治療~

 

【日時】2018年4月26日(木) 13:30~15:30

【場所】榎本クリニック2階(東京都豊島区西池袋1-2-5)

【定員】100名(先着順)/参加費:無料

 

【講師・講演内容】

「クレプトマニアはこころの病気」  

 榎本稔 榎本クリニック理事長

 

「クレプトマニアの地域トリートメント~盗める環境で盗まない治療を!!~」

 斉藤章佳 大森榎本クリニック精神保健福祉部長

 

 

クレプトマニアとは?

クレプトマニアは、スーパーやコンビニなどで比較的軽微な万引きを繰り返すことを特徴としています。盗むものは食料品やお菓子、日用品などが多いです。こうした万引きはそれらのモノが欲しいから行うのではなく、盗むという行為そのものにスリルを感じ、そのスリルを再び味わいたいという気持ちから何度も繰り返すようになります。万引きは犯罪ですから繰り返せば逮捕され、最悪の場合刑務所へ収容されてしまいます。  クレプトマニアは一般に男性よりも女性に多く、摂食障害と合併している方が多いのが特徴です。万引きという強烈な刺激へ依存している状態から、自分一人の力で立ち直るのは極めて難しいでしょう。万引きへの依存は意思や人格の問題ではないのです。

 

 

【お問合せ】

榎本クリニック 北條 正順 03-3982-5182