ニュースリリース

【池袋】ネット依存キャンプ最新情報のお知らせ

2018.08.15

大好評で多くの方にご参加いただいているネット依存キャンプの日時等(最新)についてお知らせします。

 

ネット依存キャンプ 2018 ~スマホを持たない自然の中の一日~

近年、パソコンやスマホの爆発的な普及に伴い、インターネット、オンラインゲーム、SNSなどへの依存が社会問題化しています。2017年の内閣府の調査によると、小中高生の7割以上がオンラインゲームのユーザーであるという結果が出ています。特に若年層においてこの問題は深刻化していくことが予想されます。

 

そのような中、WHO(世界保健機構)は2018年、新たな国際疾病分類(ICD-11)において「ゲーム障害(Gaming disorder」を正式な疾病として認定しました。

榎本クリニックではインターネット依存症の治療としてデイナイトケアへの参加をすすめています。デイナイトケアプログラムを1日体験していただける「ネット依存キャンプ」を今年も企画しました。ネット依存が深刻な韓国や中国で実際に採用されているプログラムです。パソコン、スマホを一日預け、自然の中で過ごしてみましょう!!

 

 

日時: 2018年9月27日(木)8:30~17:15

場所: 赤塚公園バーベキュー広場

定員: 20名(先着順)

参加費:1,000円(別途医療費がかかります)

対象者:ネット依存でお困りの当事者の方々

①デイナイトケアメンバー様(保険適用)

②外来患者様(保険適用)

*参加前に必ず初診を受けていただく必要があります

 

 

当日のプログラム:

8:30 クリニック集合

9:00 院内でオリエンテーション

9:30 赤塚公園へ出発

10:15 赤塚公園到着

10:30~12:30 BBQ準備

12:30~14:00 BBQ

14:00~15:30 スポーツ(ソフトバレーなど)

15:30~16:30 青空ネット依存ミーティング

16:30~17:15 帰院

 

・スマホ、パソコンは出発前にお預かりします。なお、お預りに関してご心配がある場合、専門医による診察を受けることが可能です。

・今回のネット依存キャンプは日帰りです。

・時間や内容は目安です。変更になる場合がございます。ご了承下さい。

 

 

参加希望の方は、まずは一度ご連絡ください。

℡:03−3982−5182

【担当】

北條正順(精神保健福祉士)

森田太樹(臨床心理士)

ご家族や関係機関からのお問合せも受付けております。