2020年1月15日

【飯田橋榎本クリニック メンタルフロア講演会】

大人のひきこもり

日時:2020年3月5日(木)13:30~15:30
会場:飯田橋榎本クリニック(東京都千代田区飯田橋4-6-5)
定員:50名(先着順) / 参加費:無料

※Webからのお申込みが可能です

【プログラム】

第一部:講演
「社会・文化が作り出す精神疾患
~ひきこもりの影に潜む特性」
・川島 邦朗(看護責任者)

第二部:デイナイトケアと事例紹介
「体験の場としてのデイナイトケア
~特性を持ったまま地域で変化する」
・石井 志津代(看護部 副主任)


ひきこもりは病気ではありません。
ただ、長期化しているからこそ、家族システムの中で膠着してしまい、精神疾患が潜んだまま進行するケース、
また、「大人」だからこそ、取り巻く社会・文化と自分の特性との間で思い悩み二次障害を来し、自分から社会生活を断ってしまうケースなど、
精神科的ケアを要する状態にある人が多く存在しています。
精神科デイナイトケアが「体験の場」として、どのような変化をもたらすのか、事例を交えお話します。


【お問い合わせ】

飯田橋榎本クリニック
担当:天野、林(03-5276-0601、メールはこちらへ

pdfはこちら→2020.03飯田橋メンタルフロア講演会チラシ_大人のひきこもり

 

※飯田橋榎本クリニックでは、プログラムの様子・効果等を動画にて紹介しております。
実際に講演会で使用した動画もございますので、ご参考までにご覧ください。

ボクシング、和太鼓グループ「華音」、認知症予防体操「銀太鼓」、フラダンスなど、回想法「日記」、演劇プログラム(シェアード・ストーリー、実演)

 

Keyword: