榎本クリニックの歴史

開業25年以上の実績と安心で、全国最大規模の精神科地域医療を目指します。

榎本クリニックは、精神疾患やこころの問題を抱えた方々に対し、生活支援や社会復帰に向けた先進的な治療を行っている設施です。
外来診療、デイナイトケアセンター、研究部の3つの部門を備え、6つのクリニック(池袋、新大塚、飯田橋、御徒町、大森、小岩)では、専門のスタッフが患者様と一体となり、心のケアに取り組んでいます。

1992年 8月 豊島区西池袋2-31-8にて、デイケアセンター運営を中心にスタート
1994年 10月 デイケアに加えデイナイトケアを開始
1998年 3月 医療法人榎本クリニック新設、移転(豊島区西池袋1-2-5)
2006年 9月 新大塚榎本クリニック開院(東京都豊島区南大塚3ー11-9)
2011年 12月 飯田橋榎本クリニック開設(東京都千代田区飯田橋4-6-5)
2013年 5月 御徒町榎本クリニック開設(東京都台東区東上野1-7-6)
2016年 4月 大森榎本クリニック開設(東京都大田区大森北1-13-6)
2018年 7月 小岩榎本クリニック開設(東京都江戸川区西小岩1-21-20)