ニュースリリース

【2018.7.18(水)】飯田橋講演会「高齢者の飲酒とリスク」

2018.06.20

高齢者の飲酒とリスク

~入院しない、地域生活継続のための「飲酒の周辺症状」~

日時:平成30年7月18日(水)13:30~16:00

会場:飯田橋榎本クリニック(東京都千代田区飯田橋4-6-5)

定員:50名(先着順) / 参加費:無料

 

身体的リスクと医療

川島 邦朗(看護責任者)

・飲酒による身体的影響
・入院を防ぐ、気を付けなければいけない症状
・医療連携が必要なサイン        等….

 

リスクを先読みした連携と、長時間・高密度治療でのリスク低減

林 開(主任精神保健福祉士)

・起こりうるリスクを全て洗い出す
・最悪の事態に備えた連携が、支援の改善に繋がる
・デイナイトケアの事例紹介         等…

 

 

******************************************

高齢化が進み、介護・保健分野でのアルコールケースが増加しています。
要介護状態にあり、認知症も進む中、アルコールの問題にも対応しなければいけない……
どうしても問題が起きてから対応すること=「振り回される」こともこの疾患にはつきものです。
高齢のアルコール依存症者は入院が多く、状態の変化も急速です。
支援者が油断している間に、地域生活継続が出来なくなるリスクは上がっていきます。
今回は、そのようなリスクを先読みする、リスクマネジメントの手法を行うために必要な、
アルコールに伴う身体・行動・精神・社会性等、飲酒を取り巻く諸問題を整理し、
当院での治療について講演致します。

******************************************

 

【お問い合わせ】

飯田橋榎本クリニック

担当:天野・林

TEL:03-5276-0601

pdfはこちら→2018.7.20 飯田橋 高齢アルコール講演会


 

 

 

※飯田橋榎本クリニックでは、プログラムの様子・効果等を動画にて紹介しております。実際に講演会で使用した動画もございますので、ご参考までにご覧ください。

ボクシング、和太鼓グループ「華音」、高齢者向け和太鼓「銀太鼓」、フラダンス、回想法「日記」、演劇(シェアード・ストーリー、実演)